贅沢品界の最も注目する高富の帥

admin   01/11/2019   贅沢品界の最も注目する高富の帥 はコメントを受け付けていません。

ことわざは雲があって、”腹掛け回転する回転する”、言ったのは実は”循環”です。循環してくると感じる人がいて、形態はすべて似ていて、しかしあなたは見るのを考えてみて、循環もまた循環だで、しかし、循環する前に循環の後の機能ととても異なる、箸の循環はまた使って、割り箸に変わって、あの両者の間の意味は大きくて異なります。

その上ひとつのが循環して下りてくる時に、多くなって人為的な操作、便はもっと複雑になりました。私達は今回1つにはどうして玄学の話題の初めに似ていたかを送りをおしましたか?今回がみんなに教えたいため、人為的な操作のおりる循環、特に1社の企業の発展の中で置いて、1つの重点をめぐってから、年輪発展して、外の一種の態勢を現すでしょう、ところが形態が似ているのがしかし、本質大いに異なります。
時間軸から見に来て、暦峰グループ、道威酩窓グループ、は雲グループ、スウォッチグループを開いてどんな循環と発展を経験しましたか?これは彼らの後継者から言います。

暦峰グループ

実は2013年に、贅沢品暦峰グループ(RichemontGroup)はダイエット計画を計画していて、ここ数年来、疲れて力がない市場環境に受け答えするため、暦峰グループは更に絶えず本部の職務を削減して、高官人員の再編計画を実行します。こうなると、暦峰グループの厳格な管理の構造に属して散りを始めて、このような劇的な変化は1つの全体で変えて緩慢な業界の中できっと問題に直面しています。