初めてスイスに行って展を表すのが何が体験するのを見ます

admin   01/31/2019   初めてスイスに行って展を表すのが何が体験するのを見ます はコメントを受け付けていません。

もしもあなたは1人の先輩の表す友達で、それではあなたは必ず知っていて、毎年の1月に瑞士会は期限どおりに1度の国際時計展を開催して、SIHHのため略称して、私達の言ったジュネーブ高級時計サロンです。今年、腕時計の家は中国として参加するメディアの中の一つを招かれて、再度のはジュネーブの土地に足を踏み入れました。これも私が初めてスイスまで(に)展を表しを見るで、みんなと私の“SIHH初体験”を少し分かち合いますとよいです。

2019SIHH展示館の内

腕時計の家としてジュネーブチームの中“末っ子”に戦い(試合)に出て、今回の表す展のため、私は早く準備しているのを始めます。私を聞く同僚は言って、展招かれたメディアを表すのは主に展制定する流れを表すによって、毎日異なるブランド所に授業を受けるのを行って、頭を身に付けて紙のペン(も携帯電話、コンピュータであることができるだ)を身に付けて学ぶ方がよいのでさえすれ(あれ)ば良くなって、私をとても過ぎて緊張する必要はない。

2019SIHH現場

今年SIHH1月14日から18日まで、4日を期間として、および17独立表を作成する師のブランドが展示に参加する18の高級の表を作成するブランドが全部で。出発の前で、まずおおよそのは授業を少しして、たとえばどんなのブランドは時計展の前にすでに新型のニュースを発表して、どんなのブランドは今年関心を持つ注目個所に値するどんながあります……

スイスに飛んでいく飛行機

10何時間続く飛行の後で、私達の順調なのはスイスに到着しました。北京から出発したその他のメディアはそれでは幸運がなくて、飛行機の遅延は、荷物をなくします……しかし幸いに私達はやはり(それとも)時計国のスイスに到着しました。スイスの初めの印象について私に聞きますか?

“心地良い、心身の喜びの心地良い”。

空気の中でひっそりしていて明るいのが快適で気持ちいくてで、しかしたとえ曇りは遠い所の連綿と続く雪山はやはり(それとも)人に賛嘆しますとしても;地面の従業員はすべてとても礼儀があって、ほど良いほほえみ(とても職業)はあなたに苦しいと感じることはでき(ありえ)ないです。私が外国の月の円を言うのではなくて、しかしスイスは確かに全世界が生活するの、幸福の指数のわりに高い国家の中の一つです。