目がきれいに見える?SHH展で一番期待する入門表はここです

admin   02/12/2019   目がきれいに見える?SHH展で一番期待する入門表はここです はコメントを受け付けていません。

今年1月のジュネーヴの時計展がすでに過ぎているが、この時計の宴席は友人たちが癖になっているかどうかわからない。今年新しく出た表金は多くの見所を持ってきて、リチャードの少女の心、積み立ての球形陀飛輪万年腕時計、そして万国の自産の機軸も、みんなみんなが楽しんでいるところがある。しかし、今年はやはり表友たちと他のことを検討したいと思っています。今年の新しい時計をしごくにして、今年新しく出た入門表はどれらが入手できるかを分かち合いたいと思います。

今年の愛人の新たなシリーズCOCH 159シリーズが発売されたときは、男女がそろっているテーブルであるという。表殻の直径は41ミリで、全体のスタイリングは、前におなじみの八角形表の形ではなく、円形形。しかし、実は細部をよく見ると、簡単な形の形ではなく、円形の表に八角形のケースを組み合わせたデザインが珍しく、話題の熱さも避けられない。このシリーズは、開発の過程で最も広い範囲の一つであり、その中の大3針は4302の自産機のコアを搭載している。入門金だが、この新シリーズの大三針は約20万円に近い。

今年はロイヤルソンシリーズも更新されており、1552 STの注目度が低い。この経典の表金はただ細部の上で調整を行って、たとえば日付は見窓の距離の表盤の中心が更に遠いことを表示して、時に落札幅が大きくなって、分の度はもう“Grans Tpissery”の大きい格の紋に転写しないで、サテンの面で磨かれた表盤の外輪の上に位置して、ディスクの視覚の効果を変えました。この表札は更に多くの経典の味を持っていて、公価は多く14 W人民元ぐらいにあります。