スイスの時計は元気だ

admin   02/13/2019   スイスの時計は元気だ はコメントを受け付けていません。

外部から見ると、スイスの2大時計展が2018年には消極的な情報があふれている。

たとえば、スワキグループは、バーゼルの全体的な撤退を宣言した。エリとリチャードミールも2019年には最後のジュネーヴ表展(SHH)であると宣言した。他の業界の影響力の弱いブランドは、昆龍、レイモンウェイなど、同様にバーゼルを離れた決定をした。

愛人の最後のSHHアクション、リリースのCOCH 159シリーズ

劇的なのは、従来の関係に敏感な2大表展で、過去数十年分の分合の後、2018年末には、2020年から互いに協力し合うと発表し、今後5年間で協調時間が続いていると発表しました。

2020年4月末にジュネーヴであり、5月初めにはバーゼル、中国、ブラジル、アメリカなどのディーラーやメディアにとって、大洋を越えた観展の旅は、一往復を減らすことができる。

私たちが1月14日にジュネーヴ表展の現場に現れたとして、心配はすぐに消えてしまいました。2018年は「小年」と言えば、2019年には急速に「大年」になり、ブランドは技術のピークに挑戦し始めた。彼らは研究開発に大きな資金を投入し、長期的な発展を目指す。