映画「疾走人生」にどんな時計をつけましたか

admin   02/13/2019   映画「疾走人生」にどんな時計をつけましたか はコメントを受け付けていません。

春節は映画が多いです。「華語の本当の意味での第1部のSF大作」と言われた『流浪の地球』では、古い茎や情念を売ったり、冷飯を売ったりする「新喜劇の王」があり、国内では珍しい道路レーサーの「疾走人生」があり、「喜劇の三大」黄裂+沈揚感の「狂気の宇宙人」……、競争が激しいといえる。

2019年2月8日まで、『放浪地球』の豆弁は8.0を採点し、「新喜劇の王」が街を5.9、『狂気の宇宙人』6.6点、『疾走人生』7.1点。「放浪地球」の背景の中では、みんなは腕時計をかぶっていなかったが、先日も「映画『狂気の宇宙人』に何をつけていたのか?」それで今日は映画「疾走人生」に何をつけましたか。

沈殿はドラマの中でCasリオからの計算機の時計を身につけていて、モデルはCA – 532 W – 1 Zで、淘宝代購入価格は200元ではありません。

1972年、アメリカの時計ブランドのミルトン傘下のブランド「PLSON」が、世界初の液晶表示石英表を発売した。今日になって、りんごに似ているApple watCHは、最もファッション、ハイテクの腕時計です。

1975年には、ブルースは再び激しく、世界で初の電卓機能を持つ石英表を発表した。全表は18 Kの黄金によって製造され、ディスプレイはブルーの宝石に覆われている。この時計はニューヨークのティフニ店で発売されましたが、普通のデパートではなく、価格は350ドルになります。同じお金は、当時6元のロレックスの水を買うことができる。