ランゲの新作のフクロウ、チップは全く進化します

admin   02/14/2019   ランゲの新作のフクロウ、チップは全く進化します はコメントを受け付けていません。

ランゲは最もシンボル的な腕時計は3つ、LANGE1、DATO、フクロウがあります。今年のジュネーブの時計展の上で、ランゲは新作のカレンダーに付いているフクロウZeitwerkDateを出しました。これも2009年にランゲがフクロウを出してからで、初めてカレンダーの型番に付いているのを出します。
1匹の腕時計にその上1つのカレンダーをあげて、見たところひとつのがとても普通出るのが新しいです。ランゲのフクロウの常規版のチップの0件数の388個、フクロウのカレンダー版のチップの0件数の516個。1つのカレンダーを増加して、チップの0件数は128増加して、チップが大きさを変えるのにわかって、絶対に小さい事ではありません。私がこの数字を見た時、私はフクロウのカレンダーが(ZeitwerkDate)を表すのが新しく表す中に今年のランゲ最も重要な1匹だと認定しました。次に私達はちょっと見て、ランゲのフクロウはこのカレンダーを増加して、一体どれだけの変化が発生しました。

私達は見ることができて、図の上で表示するの12号(日)です。

新作のフクロウのカレンダーはプラチナが殻、サイズの44.2ミリメートル、厚い12.3ミリメートルを表すのです。常規のフクロウのサイズの41.9ミリメートル、厚さの12.6ミリメートル、フクロウのカレンダーのサイズが増大するのにわかって、しかし厚さはかえって縮小します。ランゲの新作のフクロウのカレンダー、常規版のフクロウの見上げる外観が変化が大きくないをの比較して、主に盤面の外縁で一サークルのカレンダーを増加したのです。カレンダーの1から31までは時計の文字盤の一サークルをめぐって、カレンダーの自身は動かないので、ガラスを通じて(通って)活字ケースの下で付いている赤色グロックの件を数えるので、今日は何日(号)で、期日数字は赤色になります。殻8時の押しボタンを表すを通じて(通って)カレンダーを加減します。カレンダーが押しボタンを調節してall―or―nothing機能があって、分かりやすいのは言って、全く押しボタンを押さえつけてそれから上げて、カレンダーは1日ようやく跳ぶことができて、目的はうっかりそっとミスオペレーションにぶつかりを防止するのです。あるものに似ていてその他のいくつかの商標の複雑な時計の上でこのような保険の機能もあります。その他に、殻4時の押しボタンを表して、字を跳んで時間早く加減するので、もしも冠を表して1分1分加減するのを使って、遅すぎて、新作のフクロウのカレンダーは増加して1時間早く加減します。これもフクロウのカレンダーの常規版とと違う場所です。