彼女を追いかけて、ダイヤモンドがなく花がなくて、シャンパンもない

admin   02/15/2019   彼女を追いかけて、ダイヤモンドがなく花がなくて、シャンパンもない はコメントを受け付けていません。

ラura Lan青思晴『大書きのロラ』の主筆華語圏に有名な時計の宝石評論家、専門的な機械時計を鑑賞して、また宝石、生活、文化、芸術などの各分野にはラura Lan藍思晴「大書きのロラ」の主筆華語圏で有名な時計の宝石評論家、専門的な機械時計を鑑賞して、また宝石、生活、文化、芸術などの各分野にも単独である来た見解。プロの文案、顧問、講習などの仕事に従事する。

男の人が女を追い求めて、媚びているのが最高の触媒だと思います。

先日の衛星テレビで、ウディ・エレンが1980年代の末期にあるクラシック映画「愛と罪」を振り返った。私はウディ・エレンに対していつも愛していた。愛することは、人間の間のでたらめとおかしいことを知っています。そして、人間の小さな賢い、愚かで、利己的で、あるいは幼稚で、あるいは純真なことを言って、これらの赤裸々な人間性の表現は確かに確かで、私はウイディ・エレンの誠実さの中で、いつも“やっと人が本当のことを言うことを承知します”の癖があります。憎いことは、ウディ・エレンのおしゃべりと神経質が彼の映画の一つ一つをリアルに表に出していて、セリフがずるずるとユーモアなのですが、一度に一人の男の言葉を受け入れて、私のような女にとっては、なかなか食べられません。

「愛と罪」は、クラフトand MisdMiseanorsとして、実は「罪と不軌道」のほうが正しいとして、犯罪に満ちたり、犯罪を準備していたり、不軌道な行為をしている映画の中で、愛という字がとても重くて軽視すぎます。この映画は夫婦と男女関係の錯綜を訴え、ウディ・エレンは既婚の文青監督を演じていて、世の中には常に清廉な批判意識があり、仕事では精神的にマッチしていた女性プロデューサーに出会い、不正の前兆となった。映画のシーンでは、ウディ・エレンはこの女性プロデューサーが彼のスタジオに行って、表面的に話をして、録画したばかりの映像を放送して意見を聞きたいと思っていたが、一方では「パリの花」のシャンパンを手にした。映画の中で、ウディ・エレンはシャンペンというものを使って、ヒロインの意図を消していたが、また自分の目を隠していた。映画の画面においても、ウディ・エレンは言叶がくどくどしていても、シャンペンを倒そうとしていたヒロインのアクションには、男女の间の追いかけと曖昧な言叶が暗示されている。独創的な見解を持っている。プロの文案、顧問、講習などの仕事に従事する。