映画『流浪の地球』には何をつけていますか

admin   02/15/2019   映画『流浪の地球』には何をつけていますか はコメントを受け付けていません。

春節は映画が多いです。「華語の本当の意味での第1部のSF大作」と言われた『流浪の地球』では、古い茎や情念を売ったり、冷飯を売ったりする「新喜劇の王」があり、国内では珍しい道路レーサーの「疾走人生」があり、「喜劇の三大」黄裂+沈揚感の「狂気の宇宙人」……、競争が激しいといえる。

2019年2月13日まで、『放浪地球』の豆弁は7.9を採点し、「新喜劇の王」が街を5.8、『狂気の宇宙人』6.4点、『疾走人生』7.0点。芯選は時計メディアとして、先日、「映画『狂気の宇宙人』に何をつけているのか」という記事が相次いでいた。「映画『疾走人生』に何をつけているの?」。「新喜劇の王」は実に下手なので、見に行かず、自然にも書けない。

この映画は「劉慈悲」の同名小説によるSF映画である。近未来、科学者たちは太陽が急に老衰して膨張し、短期間に地球を含む太陽系全体が太陽に飲み込まれる。自分を救うために、人類は「地球を放浪する」という大胆な計画を掲げ、地球の表面を世界の表面に入れてエンジンと転向エンジンを作り、地球を太陽系から離れ、2500年の時間で別の生息地へ向かう。