盤1盤2019「足断足」の新時計

admin   02/18/2019   盤1盤2019「足断足」の新時計 はコメントを受け付けていません。

2019年の伊始は、1月にSHHジュネーヴ国際時計展を迎え、2月になってから3月にはバーゼル国際時計展を迎える。つまり春には、1年の中で時計ブランドの集団が大量に新金を出した時である。2019年にあれらの“乱れた足”の新しい時計はどれらがありますか?私たちは一緒に次のように見ます!

春宮表は、いつまでも「やるべきことは言えない」、考えや仕方のない題材である。しかし、今年のSHでは、アテネ表では「海の娘と現代人間の美女」を題材とした春宮表が発売されました。春宮、やっぱり「女」?私たちはアテネ表の展示室の側に、春宮表の真容を見ました。このシリーズは、アテネが絵画の巨匠とコラボしたシリーズ腕時計で、SHHのホームに招かれたチャンがアテネの春宮表を購入したという。

今年、江詩ダントンは、トラベルNelleの2重の芯率を超えた万年暦の腕時計を発売したが、この表が発売され、大きな注目を集めた。私たちは「二重芯率」という概念を簡単に説明します。一つの時計の上に、2つの移動時の車輪、高周波と低周波数があります。そして、この2つの周波数はいつでも切り替わることができます。高周波数は3600回/時、低周波数は8640回/時。通常の装着時には、高周波に切り替わっていない時に低周波に切り替え、低周波で時計の動力消費が大幅に低下し、動力の貯蔵時間は驚くほど65日(高周波の動力の4日間)に及ぶ。二ヶ月は弦を入れず、万年暦などの複雑な機能を持っています。これは、江詩丹食にとっては大きな技術の突破であるだけでなく、全体の制表業界にとっては、非常に高い意義のある碑的な進歩である。