今年の万宝龍新表は「緑」とは違う

admin   02/20/2019   今年の万宝龍新表は「緑」とは違う はコメントを受け付けていません。

近年は緑が表友に愛されてきたが、今年のジュネーヴ展では緑も熱い色の一つとなった。万宝竜は、今回の新たな1858シリーズのタイトルの色として、山の峰の探検精神をインスピレーションの源とし、その緑と青銅色の組み合わせを採用し、ため息をつく奇妙な火花を打ち出す。今回の新たな1858シリーズは、入門金、自動カウントダウン表、Geopere世界時の時計を含む。全体の表は緑色の盤面で青銅色の表殻を引き立たせ、現代の審美に合うために、バンドはNATO編みのバンドを使った。これからは、オートカウントダウン表を例として、今年の新時計を鑑賞する。

1858シリーズの名称は、チャールズ・イバター・ロバートの製表工坊の年に由来しており、このシリーズの表金は世紀の二十三年代の美耐華プロ軍用腕時計と山の探検腕時計をインスピレーションとして、経典の魂を踏襲した。今年新たに発表された1858シリーズは、緑を元素とし、自然を呼応し、自然に親しむ精神を発揮し、革新的かつ実用的な機能を搭載し、冒険を愛する表ファンにとって良い選択を提供しています。新しい表の金は再び屋外に行って、自然に回帰する理念を解釈して、私たちに自然と調和した共存の中でまた違う体験と感触をもたらしました。