おじいさんKarlと彼のつけた腕時計

admin   02/21/2019   おじいさんKarlと彼のつけた腕時計 はコメントを受け付けていません。

2019年2月19日、ドイツのデザイナー、Karl Lurerfeldがパリで亡くなった85歳で亡くなった。国名が「おじいさん」と呼ばれていた彼は、ファッション界で60年以上活躍していたが、その名前を言うと、銀髪と黒のサングラス、というブランドのChanelが浮かぶ。

Karl Lurerfeldの表面上は時計業界とは関係ないが、彼は気づかずにこの業界に影響を与えた。

ファッションChanelブランドがCoro Chanelさんによって創立され、亡くなった後、会社はほとんど元気を失いました。1983年、おじいさんはChloさんからChanelに転職し、チーフデザイナーを務めた。彼の努力の下で、元気がなく、新しい意味を失ったChanelブランドを復活させ、今ではChanelは世界で最も成功した贅沢なブランドの一つである。そして、彼はCoroに続いて、Chanelの第2の魂の人物として知られています。

Chanelブランドの成功は大きな利益を得て、その後のグループの長期的発展と後続の時計の業界には、伏線を埋めた。1987年にはシャネルで初めて腕時計作品が発売された。1998年には、シャネルグループは、新鋭の時計ブランドのBen & Rosに投資し、2002年にホールディングスに投資しました。2018年9月には、Chanelシャネルはまた、有名な独立制表ブランドのデータベースとして、その20 %の株式を買収した。最もすごいのは、今年1月初めに、時計機のコアや部品メーカーのKenissiの20 %を買収すると発表し、ロレックスグループとの提携を展開している。昨年11月には、ロレックスグループとKenissiが「双子星」という新しい工場を建設し、2棟につながった建物がロレックスグループの土地に位置し、帝舵とKenissiの生産に分かれている。

時計の業界の発展を気にしないこと以外にも、「おじいさん」Karl Lacerfeldは、自分には屈折のない時計ファンだった。芯選Watchoosyは時計メディアとして、今日は「おじいさんと彼がかぶっていた時計」について、亡くなったファッションマスターを偲ぶ。