波の音:手作りの時計

admin   02/28/2019   波の音:手作りの時計 はコメントを受け付けていません。

先日、私たちは時計友からの宅配便をもらいました。彼は波の音を持っていました。彼の紹介によると、この懐中時計はとても違う。

私が包みを分解して、手に持って、すぐにその「重さ」を感じました。

「厚み」の感は、多くの面に由来し、第一はその正面の外観にある。表盤は白いエナメル生地で、ローマでは軌道の刻印を補い、ポインタが青い工芸を採用していた。豊かな骨董品の懐中気質は、非常に深い歴史を持っている。

「重厚」という感じは、第2はその殻にあります。HunマスターCalハンターのカバーを採用し、前後にスイッチを入れてもよい時計の蓋は弱い表鏡、エナメルの表盤とコアを保護しています。また、表殻には、バラ車の彫刻を施した細やかな玉の模様が用いられ、側面にも金貨の紋が飾られています。

表殻の「重厚」感は、その材質は925銀で、表殻の内側には「アヒル」形の貴金属の印があります。密度は黄金に及ばないが、表殻の直径は56ミリで、筐体が肥えているため、時計の重さは176である。手に置くと、明らかに重い感じがします。