ポインタカレンダー

admin   02/14/2020   ポインタカレンダー はコメントを受け付けていません。

時計盤の中心には、タイムラインの穴の下にカレンダーの針を取り付け、文字盤の一番外側に31日間の目盛りを刻印したものがありますが、現在は時計のカレンダー形式にもこのように作られています。これは秒針の時計のように、腕時計の盤面の指示の形で、古風な風が盛行しています。
ポインタカレンダー
ポインタ式カレンダー構造図
現在、カレンダーの指示は窓のほうが多いです。カレンダーの窓口は文字盤の3時の位置にあります。カレンダーも12時の位置にあります。また、現在のカレンダーの踊り方は、普通は「瞬間ジャンプ」を採用しています。この方式の長所は、カレンダーの交換速度が非常に速く、瞬間的に完成することです。
最近私はオリックスの腕時計を見ました。ETA 2836-2のムーブメントです。しかし、27石で、2836石は25石です。細かく分析してみると、小さい秒針の上下軸の目に2ドリルを加え、27ドリルになっていました。もう一つの特徴は、針式のカレンダーです。もともとは瞬跳カレンダーの構造に関連するすべての部品を置いてはいけません。ムーブメントの真ん中にある31歯のカレンダホイール(写真を見て)を見ることができますが、これを分析すると、確かに効果的にジャンプ歴の過程で、大きなレバーとスプリングがカム圧縮された時の腕時計の振れ幅に対する影響を避けることができます。31文字のカレンダーディスクを使うよりも構造が良く、ドライブの負荷を大幅に減らすことができ、抵抗が小さい(基本的にはカレンダーホイールの位置決めスプリングの圧力のみ)。