ドイツ新入手オリス潜水腕時計、経歴の紹介

admin   03/29/2016   ドイツ新入手オリス潜水腕時計、経歴の紹介 はコメントを受け付けていません。

土曜日、左に計画BENZ MUSEUM、夜のホテルは五時まで帰っ几六時だったので、私は元のSEIKO悪い左、ちょうど行きたいと思って物色下に無私の新しい表、ネットで知っSTUTTGART間WEMPE、ドイツ専売ローエンドハイエンドチェーン店までスーパーコピー時計、たぶんイコール大陆の享利;香港の東方表行、私などの貧民を選択するだけの最低ランクのブランド:ORIS(O)、ヨーロッパ公価:1250欧、WEMPE呼び値975は思ったが、もちろんうれしいか買って、税還付ばいくらですか。111欧、わ、異議なく測定精度、カード、ブラシ銀聯?大陸のお金持ちになりました。精度+ 10s / d、無想像の中で理想だが、SW表芯、非天文台に受け入れる。
最後に折り返しRMB 7K整、後の広州友誼商店同型帯TI公价12.5K .あはは!
ドイツ値段で比較的に安い(総合機械式時計産地国スイスよりも低くて、価格は表スイス低いものの、還付ドイツなかったので、総合的にとって、ドイツ低く、フランスは言わない、何も高い、しかもドイツ売り表の値段が下手ではない、しかも白人たくない値切るのが好きで、値切りの気をつけていた)
上図:

1
世界がfalse、メンテナンス時中国は上海と香港: