日の外で来客――地球まで(に)流浪するのを歓迎します

admin   03/07/2019   日の外で来客――地球まで(に)流浪するのを歓迎します はコメントを受け付けていません。

腕時計の時計の文字盤の材質はほぼ黄銅を採用して、黄銅を、上で漆、印刷に電気めっきをするを通じて(通って)異なる色に形成して、また印、彫刻、に描いて異なるしわが現れるのを噴き出すようにおさえます。比較的高級な腕時計は時には貴金属を採用して時計の文字盤になりに来が、そしてエナメルの彩色上絵、真珠や宝石を運用して象眼して、手作業機械が、金属の微彫、モザイクタイルを刻んでつなぎ合わせます……いろいろな複雑な技術は時計の文字盤を芸術の創作する画布にならせます。

真珠の雌の貝と各式の硬い宝石――トルコ石、赤い玉髄、砂金石、青の金石、クジャク石、オニックス、オパール……次から次へと腕時計の盤面にも上がって、それぞれに独特な質感が現れます。科学技術が、このごろの時計の文字盤の材質の更に多種多様で、炭素繊維、人造のサファイアの水晶、ハイテクの陶磁器に発展するのに従います……もちろんチップの構造の米現れるになって、まったく時計の文字盤のがありません。

しかし、それはつまり隕石がとても特殊な時計の文字盤がもあります。

隕石、日の外で来客、それらは長い時空の旅をまたがり越えて流浪して私達の地球に着いて、その形成の歴史が恐らく地球、太陽系甚だしきに至っては宇宙の大きい爆発とと同じに悠久だ。

隕石はとてもまばらで、毎年墜落して地球の隕石まで(に)数百を越えないで、その上たくさんすべて海中に探すことができる跡がないにの墜落するのです。少数は陸地の上に落ちて、よくまた人のいる形跡はまれな極地あるいは砂漠、芳の跡は探しにくいです。そのため発見することができる隕石の自身はきわめて有限で、更に、まだすべての隕石がすべて時計の文字盤を作りに適合するのではありません。