ハバナを見失う?雷東宝が真力でキューバを泳ぐ

admin   03/13/2019   ハバナを見失う?雷東宝が真力でキューバを泳ぐ はコメントを受け付けていません。

13000キロ以外のハバナは、クリティカル車、シラガー、カラーハウス、ビーチ、チェグワラ、ヘミングウェイ、ラム酒として活躍しています。ベテランの葉巻ファン「小雷家書記」が名表をつけ、キューバを見物し、南米の熱地に属する海港の美しさを身をもって体験した。私たちは、「雷書記」の賢明に従って、ハバナの老城を自由に貫いて、分秒の流れの中でキューバの漫才を鑑賞します。

「雷書記」の放浪午後

キューバのネット利用が制限されているため、ベラナ工場に歩いて行く「東宝書記」は地図でしか見えない。携帯に縛られていないと、逆に周りのことを実感してくれる。旧城の街の独特な味わいに酔うと、「雷書記」が神に戻れば、自分がどこにいるのかわからない。しかしこのようにしても、地図の役割を導くだけで、今は目の前にある建物や、単純に情熱的なキューバの笑顔が名残惜しそうだ。

真力時のパイロットシリーズType 20コヒラマツロ5号バラ金特別版腕時計

世界限定50枚型:18 .

人を魅了する老城の物語

すべての都市は、物語の本であるが、ハバナは、ラミー・ファンタジーの現実主義の気質であると言える。見失うこともあるし、よく体験したほうがいい。湖の緑、姜黄と鮮やかな赤色、煌びやかな色と一面の壁の面で映えて趣がある。素直な笑顔に「HOL」が街のハバナ人に入って話をすることができ、幻想と真実とはこの街での情熱とぶつかっていく。