名士新金万年暦最も手に入れられる複雑な時計金

admin   03/18/2019   名士新金万年暦最も手に入れられる複雑な時計金 はコメントを受け付けていません。

名士は今まで正装表で好評を博していて、円潤な表殻線にシンプルなデザインスタイルを加えてスーツに最適です。更に公価の親民を加えて、名士の表の金の価格はとても高いです。ここ数年来,名士は絶えず自分の複雑な機能の面での欠員を補っていた—

今年1月のジュネーヴ表展では、名士Cifton Bomaticシリーズ初の万年暦表が登場し、これまで優秀なレベルをキープしてみましょう。今年の名士が発表したこの新しいクリトンBomatic万年暦表は、一昨年のクリートン万年暦1001と比較して、それに応じていくつかの調整をして、外観から機軸まで全方位の変更を実現しました。

名士クリトンBaamaticの新しいテーブルの中に2つの表の金は赤い金の材質で作って、1項は入門表の金で、その他は今日紹介したこの万年暦です。表殻の直径は従来の42ミリを保っており、表面は放光とサテンを経て、前の時計よりも細やかで美しい。

前の1057表に比べて、新しく発表された時計のディスクの調整はもっと簡素化しています。ローマの数字は現在の目先のリベット式の時計に変えて、2針の設計は3針に変えて、月相盤の小さい秒盤をキャンセルしました。4つの機能盤は、ディスクの3時、6時、9時と12時の方向に位置し、青鋼の針で読み上げる時の便利さを示す。この万年暦の顔値が高くなり、また別のデザインがあり、月相盤の青い夜空には、ひそかに星を飾り、「手が星を取ることができる」という豪壮感がある。