バーゼルの時計展はまだ開いていないので、新金はまず見ています

admin   03/21/2019   バーゼルの時計展はまだ開いていないので、新金はまず見ています はコメントを受け付けていません。

今夜は「バーゼルワールド時計ジュエリー博覧会」に出発しましたが、これは私がバーゼル表展の12年に参加した「空の前の絶後」に参加して、最も楽な一度の見学体験だと信じています。

空前――というのは、多くのブランドがこの数年、バーゼルの表展を退いたため、自力更生でも自負し、これまでの5日間でスケジュールを見て、今回は3日半で終わりました。絶後――来年から10年前にバーゼルとジュネーヴ(SHH)2大表展が回復したことから、4月26日から29日にかけて、4月30日から5月5日まで開催された。

過去10回では、Baselワークとの相互別のミャオのために、SHHは1月に開催されていたため、SHHを十分に消化した後、3月に血の復活をしてバーゼルに進出することができる。しかし、来年からは、馬が足を止めて両地に駆け込んで、2つの展が終わった。また、スワキグループの「Time to lom」が来年も続いているかどうかは知らない(今年は5月14日から16日まで)。マスコミは阿弥陀仏しかいない。

バーゼル表展は今年3月21日から26日までの予定ですが、まだ行われていませんが、一部のブランドは新表の資料を取り出されました。