頭を下げている「花」の間に花見の腕時計推薦元素

admin   04/09/2018   頭を下げている「花」の間に花見の腕時計推薦元素 はコメントを受け付けていません。

そういえば最近武漢大学の桜は火に惹かれて、多くの観光客に観賞、春帰大地、自然の魅力はいつも人を引いて足を止め、腕時計の設計の元素の中で、自然の風光も少なくないが、今日はみんなと分かち合っていくつかについての「花」の元素の腕時計、一回目を見た時も。
同シリーズの意図に専門の手芸技術を凝縮手職人芸に優れ、さまざまな象徴意味の符号令色っぽい女性な特質臻は入神の境地。腕時計の直径37.5mmを採用し、宝石の彫刻の技術の製作のマイクロ図案、文字盤の上の花模様が生き生きとして、色のおかげでまろやかで、彫刻芸の巧みな図案立体は本物そっくりで、かなり東方趣と魅力。腕時計で非常に細かい、BEIGEベージュ18金のケースは、雪花式象眼502ダイヤモンド、表冠先の小さな面積も58ダイヤモンド。腕時計は自動機械のコアを採用し、30メートル防水、洗練された工芸品で、鑑賞時間を楽しみにしています。
刺繍は人類最古の装飾の言語で、これまでに約2000年余りの歴史も中国伝統の珍しい工芸の一つで、これも飞亚达精微刺繍腕時計の特徴。腕時計の上でを、「かさなる影花」は生き生きとして現れる文字盤の上に、シルク線みんなの繰り返し絹面、一針が動か成生図案。こんな精微刺繍腕時計を持ち込むだけでなく、芸術腕時計の中にも刺繍工芸新たな表現方式。伝統工芸を踏襲して東の特色を展示して、非常に意義と革新を持っています。