私は狂、私行│ブルガリ2018バーゼル新品コメント

admin   04/13/2018   私は狂、私行│ブルガリ2018バーゼル新品コメント はコメントを受け付けていません。

しかし、私は、ブルガリの紳士服の表デザインは、どのようにしても、このような厳粛な製表ではなく、ブルガリの制表力がないということを示しています。

著者Laura Lan藍思晴れを中国語圏の有名な時計宝飾評論家、創立公衆号「頭の蘿菈』を創設した主筆し、『力』とスタジオ専門のコピー、顧問、講習等の仕事。多くの専門家の時計を務め雑誌編集者、及び国内の多くの雑誌の刊行物のコラム作者は、マスタリー機械時計を鑑賞も、ジュエリー、生活、文化と芸術などの各分野に全ての見解を持っている。

厳格な製表や製表の実力を教えてくれると、自分が何を言っているのかわからないことがある。聞いてあまり在り来たり説明タブの様々な、実は本当に1件の創作を鑑賞して、多くの方面からしてではなく、既定のマンネリで計る事ごとに。

厳格に言って、今までもう時計作品は1つの方面はなければならない工業設計品を観察すると評価し、工業デザインのいくつかの鑑賞時:創意、形式(線、外形の割合と全体のなど)と制作手法や生活実用機能なども、実はやすい1件の時計を観察する作品の設計レベルの高さから、今日私はもっと工業設計自体から来てコメントブルガリタブの件。