2018年バーゼル時計を展看藍思晴れ、安克强、従姉Fどのように解読シャネル高級時計の秘密

admin   04/16/2018   2018年バーゼル時計を展看藍思晴れ、安克强、従姉Fどのように解読シャネル高級時計の秘密 はコメントを受け付けていません。

今年のバーゼル展示会では、シャネルの表現は格別だ。ブランドが発売された第三項の自家製ムーブメントを搭載しCalibreさんや、このムーブメントのシリーズ表項。それ以外に、新しいPREMIÈRE腕時計、運用ハイテク精密セラミックスのコードCOCOシリーズや注目みんなが好きなJ 12シリーズも、同時にデビュー表展とみんなに会って。新たに「芯」を加え、シャネルが華やかな「芯」をどう演ずるかを見る。

時計の家にも時計界の極言権を持つベテランのメディアを3人招待し、今年のシャネルの高級製表の裏の秘密を解析してくれた。

シャネルは今年、高級製表の初印象を出した

青思晴(時計ジュエリー評論家、公衆号『大書きのロラ』主筆藍思晴、以下青):2018年のシャネルの高級製表はさらに新たな境地になる……。だと思うシャネルタブ設計と技術上天衣無縫に完璧に結び付けて、創造に成功シャネル所属の設計言語、スイスタブは無口設計自体が、私シャネルタブの設計は直言融合ブランドマーク性元素伸びる発展の最優秀成功例は、創作シャネル最経典的に属して、認識度最高のタブトーテム。

安克强(シニアメディア人以下安):3年連続のバーゼル表展、毎年1枚シャネル発売自制ムーブメント、ブランドの自家製ムーブメントに達した三枚、スピードも速い。重点としては、シャネルの機軸は非常に特色があり、ブランドのDNAがあふれている。