遊んでみる価値のある帝舵「小迪通拿」

admin   04/10/2019   遊んでみる価値のある帝舵「小迪通拿」 はコメントを受け付けていません。

春が始まってから、みんなの心が生き生きとしてきました。買いたいです。この間、友達が帝舵だけを買って79350です。この時計は帝舵の人気がある高級時計です。レトロなデザインですが、とても似合っています。しかし、同じ価格帯の下で、実は選択も豊富で、ロレックスの空覇、万国のパイロット、オメガの覇権を超えて、お金を少し足したら地球物理マスターになれるので、この友達が選ぶ時も長い間葛藤しました。最後に、帝舵79350という「迪通拿」を選択しました。ちょうどバーゼルの時計展も終わったばかりで、帝舵はまた新しい碧湾の時計を出しました。

左:帝舵79350腕時計右:ロレックス迪通拿116520

帝舵79350は2017年に発売されました。発売(2017年下半期)は今までも二年間しかないです。「新時計」です。しかもここ数年は代替モデルが出ないはずです。だから、この時計は長期的に帝舵の人気時計になります。その前に、帝舵の時計は主にドゥカティと提携している迅騎シリーズの時計と啓承シリーズの時計(代表的な時計のモデルはブルー猫)で、その中の迅騎シリーズの時計は公価は39900元で、シリーズの時計の公価は42300元です。帝舵迅はシリーズの顔の価値が高くて、とてもクールですが、エンジンの芯はETA 7753で、性能に関係なく、同じ価格帯の時計の中で、いつも等級が劣っていると感じています。シリーズの時計を開けても、同じく2892マシンの芯にDuboff-Deprazのタイミングモジュールをロードしています。集積型のタイミングマシンの芯でもありません。2015年から、帝舵が自作の三針のムーブメントMT 5621を発表した後、帝舵が自制の計時芯を出すとみんなが予想していました。やはり、二年後に、帝舵は百年霊と協力したMT 5813自動計時機芯を発表しました。79350計時コード表を発売しました。