革新演繹品鑑カルティエの山度士の時間単位の計算の腕時計

admin   04/03/2020   革新演繹品鑑カルティエの山度士の時間単位の計算の腕時計 はコメントを受け付けていません。

カルティエの最もすばらしいシリーズの中の一つとして、山度士のシリーズの腕時計の誕生は伝奇的な色彩を満たしました。その時ルイ・カルティエはその親しい友人で、ブラジルのパイロットのアルバート・山度士・杜蒙(AlbertoSantosDumont)は1モデル製造して手の行く腕時計でつけることができて、飛行中で時間を調べるのに便宜を図って、歴史の上で第1枚の近代的な意味の腕時計は気運に乗じて生まれます。山度士のシリーズが持って高く備える度の外形設計を知っているのを弁別して、優雅で気前が良くて、1世代のすばらしい腕時計になりました。
この山度士の時間単位の計算の腕時計は時間単位の計算機能を配備して、時間単位の計算の押しボタンの設計が独特の風格があって、9時に位置の押しボタンは時間単位の計算装置をスタートさせて停止するのに用いて、表して冠の上でもブランドコピー時計帰零の押しボタンが設置されていて、外観から上がってきて見て、腕時計の全体設計は更に平衡がとれていて調和がとれています。

腕時計の本番

この腕時計は43.3ミリメートルの腕時計の直径を持って、殻を表して2種類の異なる材質を採用して、ADLC炭素のクラッド層は組み合わせの精密な鋼を閉じ込めて殻を表しを表して、ADLC炭素のクラッド層の材質は丈夫で長持ちする特質を持って、精密な鋼は殻の側面を表して針金をつくる技術を通って磨き上げて、金属の特有な光沢と質感を出しをはっきりと示します。