名は表してどうして保養するべきです

admin   04/16/2020   名は表してどうして保養するべきです はコメントを受け付けていません。

一、腕時計は問題を密封します。

大多数名が表すのがすべて明記する水を防いだのだ、例えば30M、50M、100Mなど。一部に明記するようにもあるのは水を防がなかったのです。明記するがのが水を防ぐ腕時計で、しかし絶対に行ってサウナとお湯の入浴を洗いをつけていることはできなくて、ゴムを敷いて冷たいと収縮するため後で、熱気は入って袋の中で密封して、出てくることはできなくて、霧も直ちに処理しないのをもたらして、腐食、さびるのをもたらして、だから腕時計は正常だに状況でつけることしかできません。実は腕時計の防水は主にとても小さい何人かのゴムに頼って(寄りかかって)閉じ込めて役に立って、時間の1の長いゴムは閉じ込めて老化して、弾力性を失った後にすきまがあって、恐らく水が入りを招いて、エアホーン、だから定期的にゴムを密封して閉じ込めるのを替えて腕時計がようやく水を防ぎを保証することができます。

二、機械は問題を運営します。

名が普通を表すのはすべて機械式ウォッチで、機械式ウォッチがすべて歯車に頼って(寄りかかって)運営するので、腕時計の上でどのくらいあける腕時計を明示して、このどれだけのドリルは腕時計が別にどれだけのダイヤモンドがあるかと言いなくて、腕時計がどのくらい歯車軸があると説明するのだのは穿孔を使ったので、普通にすべて人造のダイヤモンドで取って代わって、人造のダイヤモンドの耐磨耗のため、だから表す穿孔はもっと多くて、腕時計は比較的幸運な寿命は少し長いです。しかし腕時計の歯車はダイヤモンドこんなに硬い物で加工すると推測することがあり得なくて、それは鋼で輪軸にすると推測することしかできなくて、腕時計は小さければ小さいほど帳簿になって、輪軸はもっと細くて、毎日数万の回転したのは数を回転して全く穿孔中微量の油(脂)にあるに頼って(寄りかかって)磨損を下げに来て、いったん油(脂)はしたら、輪軸はあって磨損をして、数年間、この時計の寿命すぐ着きました。