手が説明してどうして処理するかききずがありをだましますか?

admin   04/17/2020   手が説明してどうして処理するかききずがありをだましますか? はコメントを受け付けていません。

一、手が説明してどうして処理するかききずがありをだまします

いったん私達の腕時計の時計はかききずが現れるのをだましたら、処理する方法はほぼ2種類あります。光沢加工で、その他に砂を引き延ばします。修理して腕時計の上のかききずをつぶして、もとの技術によって大きくする面積に摩耗する良い処理を行かなければなりません。しかしもしも比較的深いかききずがあるのです。それはつまり少し面倒です。この2種類の方法ですべてこのようなかききずを除きにくいのです。比較的深いかききずについて、小さく友達を表して腕時計を専門のメンテナンス店にもらって補修に行く編むか提案します。もしも私たち自身が処理するのに行くため、私達の腕時計に対して必要でない損害をもたらしやすいです。専門のメンテナンス店は彼らは非常の専門ので、この方面でやはり(それとも)非常はこれらの問題のを処理するのに行く能力があります。

二、手が説明してどうするかききずがありをだまします

私達の腕時計の上の表スーパーコピー時計ウブロす殻になるのはあるいは腕時計のバンドの上に局部に比較的深いかききずがあるのです。修理にそのようにある前に、私達は局部の処理をするべきです。処理する時やはり(それとも)位置のを見ます。たとえば手は殻の殻側を説明して、甚だしきに至っては有り得精密な小さいやすりを使うのです。更にいくらでもあって石油を使います。虫めがねの下で、きめ細かい私達の腕時計の中のかききずをは取り除きます。紙やすりで殻の上のかききずを表すに修理するのが整然としていて、以上手説明するだますあるかききずどうして処理しますおよび手説明するだますあるかききずのどうする全部の内容。小さく言うこれらを編んでよく人を表すにいくつか助けを持ってくることができるのを望みましょう!