波の音がまた1つの“大技”を置いたが,肝心なところはまだ高くない

admin   05/15/2018   波の音がまた1つの“大技”を置いたが,肝心なところはまだ高くない はコメントを受け付けていません。

事は遅らせずに本題に入る。正直に言うと、私は時々オメガや波の音に感心することがありますが、あの二人はいつも「一言が合わない」ということで、性の高い値よりも高い表を出しているので、絶対に考えられません。今年の波は年暦表を出して、同志たち、年暦表わ、P 5396、ロレックスの天行者の機能、波は直接年暦を親民の価格に引き延ばして、公価は17500で、史上最も安いカレンダーの表です。カレンダーという機能が発明されてきて、今日になると、これほど安くなりました。

波ピアノの新金カレンダーは、現在の市販の最低のカレンダーです。

暦の時計はどうやって来たのですか。

年暦は「新」の機能で、1996年に初めて出てきたのは、ダブルスが発明したものです。第1の年暦の時計は百達津麗の50 35です。50 35は現在の5146の前身であることを見ることができて、2つの時計は比較的に似ています。年暦は一年に一度しかかからない(2月に3月に入るとき)、他の場合は調整せず、万年暦に近いので複雑な機能です。

年暦表の最もひどいのは百ダブリーで、やはり人が発明したものです。現在のカレンダーもPPのタイトルの複雑な機能で、しかもPPを様々な模様、指針式の5146、窓口式の5250、5396に遊びました。ダブルスの後には、他のブランドも年暦表を出し始め、ロレックスのカレンダーは天行者、朗格は1815年のカレンダーを出して、オメガは海馬の年暦表、尊覇の年暦表を出して、ポルトガルのカレンダー、大飛ぶカレンダー表を出して、それから宝のパ、カルティエ、万宝竜などの各家庭はカレンダーを持っています。問題が現れた。