常規を転覆してイタリア式の風情のブルガリOCTOシリーズの新型を再現して鑑賞します

admin   05/06/2019   常規を転覆してイタリア式の風情のブルガリOCTOシリーズの新型を再現して鑑賞します はコメントを受け付けていません。

2012年、ブルガリOCTOシリーズは発表されて、丸くて四角い表す殻の造型で、表を作成する界は1格になってから。今年のバーゼルが展を表す上に、ブルガリは常規を転覆して、中を伝承していてまた革新を忘れないで、一連の新作を出しました。全く新しいOctoFinissimo GMT自動時間単位の計算は時計がみんなに来てすべてある程度うわさに聞きたいをの積み重ねて、この全く新しい腕時計は時間単位の計算機能とGMT機能を一体になって、かつ第5回は現在業界の腕時計を更新して記録して、厚さを表すのはただ6.9ミリメートルだけです。続いて私達はいっしょにブルガリのこの全く新しいOctoFinissimo GMTの自動時間単位の計算を鑑賞して時計を積み重ねに来ます。
ブルガリが実は以前はすでに超薄陀はずみ車(2014)を出していた、超薄の3が時間を知らせて(2016)を表しを聞く、OctoFinissimo自動陀はずみ車の腕時計(2018)、今年このシリーズの超薄のためにモデルを表してまた新作を増やして、超薄の自動時間単位の計算は時計を積み重ねて、かつまた(まだ)GMT機能を搭載しました。チップの厚さを減らすため、ブルガリがこの腕時計のチップの上で外縁式を採用した上に鎖は陀を並べて、ガイドポストの車輪とレベルのクラッチを添えて、チップの空間を最小だまで(に)3.3ミリメートルのためただ、だけ厚さに下がります。手首間でつけて、非常に軽薄ですばやいのに見えます。