五十年代の風華を演出したボジレ伝承シリーズの新作鑑賞

admin   05/15/2019   五十年代の風華を演出したボジレ伝承シリーズの新作鑑賞 はコメントを受け付けていません。

多くの時計友達はレトロなデザインが好きです。復古の美学は独特な風情があります。今年のバーゼル時計展では、アンティーク好きの時計仲間の好みにぴったりのカレンダーのダブルダイヤルの時計が発売されました。今年のカレンダーはダブルディスクのクロノグラフで50年代の美学を再現しました。同時に現代のファッション感を融合させて、現代風にクラシックを再現しました。宝齊莱はシリーズのカレンダーのダブルディスクのクロノグラフを受け継いで、全部で2つの腕時計があって、1項は精密な鋼の材質で製造して、銀色の文字盤を組み合わせます。もう1項は18 Kバラの金の混合の精密な鋼の材質を採用して、シャンパンの金の文字盤を組み合わせます。次に私達が鑑賞したいのはこのバラの金と精密鋼を混ぜたモデルです。

前世紀の五十年代に、ボジレはタイム計算書を出しました。このクロノグラフは34ミリのケースを持ち、細長いタイムボタンを付けて、ディスク面の二つのタイマーも対称配置を採用しています。今年の宝齊莱の時計師はまさにファイル室の秘蔵する時計の中でインスピレーションを吸収して、今年の伝承のシリーズのカレンダーの双盤の時間計の時計を出して、再度経典を演繹します。