版の2019年のジュネーブの時計展のドキュメンタリーに隠れます

admin   05/14/2020   版の2019年のジュネーブの時計展のドキュメンタリーに隠れます はコメントを受け付けていません。

LauraLan藍思晴 《大きい寫の蘿菈》編集長の中国語は有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。

実はいわゆる版に隠れるのがみんなのすべて見えなかった時計のモデルではなくて、みんなのすべて見なかった私の仕事の背後ので、いくつかの私の言いたい事。

私は絶対に少なく私の仕事の上のこまごました事を言い出して、主にこれらが本当にあれらについて腕時計に対してもし喉が渇いている小さいパートナ達に知識を求めるためで、すべて浮き雲の類のが意味がないので、だから私が多くむしろ使って1時の時間が表スーパーコピー時計ウブロす事を言ってもよいです。でも毎年ジュネーブまで(に)時計展の16年来を見るのに行って、毎年みんなは私の問題がすべてたいして違わないのに尋ねます:印象に残るか好きな時計のモデルを見ましたかどうか?

実は私はどうして恐らく印象の最も深い時計のモデルがいて、時計ごとにすべて私の頭の中のデータベースの中の一つため、いつでもすべて取り出してくらなければならなくて文章の素材を評論するのにして、4日下りてきて私必ず数百モデルの時計を見たことがなくてはならなくて、すべてのブランドの今年の全体の方向をしっかり覚えて、かついくつかは私が最も取り上げる価値がある特定のデザインを思いをしっかり覚えて、時にはみんなはすべてまた(まだ)私が複雑な機能の腕時計に対して更に深さの分析と見方がありを期待するのが、私は一心不乱に一致して深くこれらを掘って機械の構造を表しを準備しなければなりません。