チュードルの青玉の湾のシリーズ間金の黒い皿の腕時計

admin   05/26/2020   チュードルの青玉の湾のシリーズ間金の黒い皿の腕時計 はコメントを受け付けていません。

チュードルは20年代(Tudor)前世紀を表して、その時の現代表を作成してすでに次第に興って、腕時計、時は計算してもう金持ち、上流社会の手の贅沢品ではなくて、実用的な機能の幸運な道具を持つのです。今、腕時計は更に個人の風格と審美の体現になりました。今日、私達が1枚の直径を鑑別評定しに来るのが41ミリメートルの青玉の湾のシリーズ間金の黒い皿の腕時計です。
チュードルの青玉の湾のシリーズはその他がモデルを表すとように、青玉の湾のシリーズ間金の黒い皿の腕時計の時計の文字盤設計は同様に20世紀の50年代のチュードルの潜む水道のメーターから霊感をくみ取って、優雅な黒色の漆面のデザインに変わります。この時計のモデルが広大な収集家を採用して“雪片”の角の形のポインター聞き慣れていて詳しく説明できて、といいます。このような特色の鮮明なポインターはブランドの1969年の製品カタログ中で現れのでことがあります。それ以外に、新作の腕時計はまた(まだ)大きい大の連鎖リストの冠をそのまま用いて上、これは第1世代の防水の深さの200メートルの(660フィート)に達するチュードルの潜む水道のメーターの典型的な特徴です。