自分の女王、1ただ時計のだけが味わってからをします

admin   06/15/2018   自分の女王、1ただ時計のだけが味わってからをします はコメントを受け付けていません。

《大きい寫の蘿菈》編集長LauraLan藍思晴は中国語のために有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。

世界はいろいろな人を満たして、私達は毎日いろいろな状況に直面していて、個人、社会の全部世界が大きなものと小さなものだとの各自異なる責任を負っていて、情緒の高低、圧力の大きさがある妥協がある衝突があって、職業の上で全体の局面を考慮に入れて優柔不断だベストを尽くして周到で、しかし自分での王国の中で、私はただ自分の女王だけになりたいです。

ナポリの王妃のシリーズは女性の専属のためにブレゲ製造する時計のモデルで、一人一人の心の中に女王の女性に住みを捧げます。(図の中で通し番号を表すのが8998だ)

自分の自由私達を得るのはと自主的に今日のに対してとっくにありふれていてで、2つの世紀前の女、自分の渇望した権力得たい生活を獲得したくておよび、恐らくすべて男の力に頼っていなければならなくて、ka洛琳・ミューラーの(のCarolineMuratようで、ナポレオンの3人の妹)はきわめて少ない歴史の陳述中で、通常(少し付けてイタリアをけなす)を描写するに野心の女がいられます。