グラタンの名刺

admin   06/19/2019   グラタンの名刺 はコメントを受け付けていません。

ポーランドは世界で最も琥珀の埋蔵量が多い国の一つで、北部はバルト海の琥珀が豊富です。バルトの海のほとりにあったグダンスクは、ヨーロッパの琥珀加工企業の主要な集中地と世界最大の琥珀集散地となり、多くの人に「琥珀の都」と呼ばれています。

ガダンスクはポーランドの歴史が最も古い都市の一つで、600年余りの歴史の中で、ドイツとポーランドの二大民族が繰り返し争っている主な焦点です。1939年、第二次世界大戦の第一銃がここで鳴り響いて、第二次世界大戦の正式な爆発を表しています。

船便と貿易は一貫して、ガダンスクの生存と発展の基礎ですが、その造船業の規模はポーランドの50%を占めています。

ポーランド人が琥珀を採掘したのは数千年の歴史があります。古代ローマ時代には、ポーランド人が琥珀を採取したり、作ったりする技術はかなり高い水準に達していました。当時ローマの多くの高官や貴人は琥珀製品を収集することが好きで、琥珀の産地であるポーロの海通からローマに行く「琥珀街道」を形成しました。16~18世紀は、ガダンスクの琥珀技術が発達した最盛期ですが、琥珀製品の壊れやすい特性により、骨董品級の琥珀芸術品の数が非常に少ないです。

1994年以来、毎年春と秋に2回の琥珀祭りと展示販売会を開催しています。春季の展示会は卸売を主として、業界の琥珀購買者を対象としています。秋季の展示会は同時に公衆に小売を開放しています。これは世界で最大規模で、最も影響力のある琥珀展です。

展示会の琥珀のアクセサリーは種類が多く、指輪、ペンダント、ピアス、ブレスレット、ブレスレットなどのアクセサリーがあります。また、琥珀で作られたインテリア用品もあります。