私たちはグランドセットを世界のトップ腕時計にします

admin   06/27/2019   私たちはグランドセットを世界のトップ腕時計にします はコメントを受け付けていません。

1960年、セイコー傘下の独立ブランドGSがひっそりと登場した。Grand Seikoの開発当初から現在に至るまで、「理想」の腕時計を作るという理念は常にGrand Seikoの不変の守りと動力である。精度、耐久性、外観のいずれにおいても、世界をリードします。2019年6月17日、腕時計の家で精工表中国区理事長兼総経理吉村等さんにインタビューしました。中国での仕事生活が20年を超える「中国通」として、吉村氏らは中国市場の発展と変化についてよく知っています。この日、先見と洞察力のある優れた管理者は、Grand Seikoが今後数年間、中国市場で大きな動きを見せてくれました。

精工表中国区董事長兼総経理吉村等様

腕時計の家:私達はセイコーが百年以上の歴史と文化の蓄積を持っていることを知っています。より多くの消費者が知っているのはセイコーではなくGS(Grand Seiko冠ブルーライオン)です。セイコーはなぜGSを独立させて新しいブランドにしたのですか?

吉村さんなど:はい、セイコーはもう百年以上の歴史があります。そして実用的な腕時計に力を入れています。セイコーのクオーツ時計がとても上手で、価格も親近感があります。しかし、これはセイコーが中低の腕時計だけを生産するという意味ではありません。Grand Seikoの誕生は、海外の時計が日本に流入し始めたことによって、日本の時計業界に大きな衝撃を与えました。日本の時計ブランドの代表として、セイコーはもちろん国内市場を先取りします。一方、Grand Seikoのブランドは高級時計ブランドと位置づけられています。私達の目標はGrand Seikoを世界で一番牛の腕時計にすることです。100年も200年もこの目標のために頑張っていきます。