腕時計はXが可能性を植えるのがいるだます

admin   06/19/2020   腕時計はXが可能性を植えるのがいるだます はコメントを受け付けていません。

アテネはFreak珍しいをの表でブランドにとってシリーズを考えて、一つの挑戦だのも1つの重要なノードです。Freak腕時計は2001年に誕生して、これはアテネが表して初めてケイ素の材質をチップの部品を作りに用いるので、このような新技術の開発、その時は全部表を作成する界だにとって、啓発性を高く備えます。今なお約20年誕生してから、私達はすべてFreak腕時計の飛ぶように速い進歩を見ることができて、アテネは決して限られてケイ素の材質をチップ上で使用しないをの表して、絶えず研究を経て、ケイ素の材質をFreakX腕時計の上で発揮するのが詳しく徹底的です。

アテネは表してケイウブロコピー素の質の手の込んだ仕事を技術の応用がFreakX腕時計にあった上に象眼して、イオン加速器を待つを通じて(通って)ケイ素の晶円(wafer)を切断して、それからシリコンを組み立てに組み合わせて、この技術は非常に精密で、職人の大家の要求に対してとても高いです。心がこもっている手作業を通ってつづり合わせて貼った後に、約120切れのケイ素の業界の縦の関係と地域の横の関係は盤面の上でで放置させられて、輝いていて、ただ1つのモザイクタイルの図案を現します。光線がX線のようだ時計の文字盤を掃いたことがある時、つやがある影は揺れ動いて、人のうっとりする神の謎を譲ります。続いて私達はいっしょにその中の1モデルのFreakXケイ素の質の手の込んだ仕事を鑑賞しに来るを腕時計に象眼します。