1枚の価値の4百50万懐中時計

admin   06/28/2020   1枚の価値の4百50万懐中時計 はコメントを受け付けていません。

懐中時計、私達の現代の生活からとても遥か遠いようです。事実上、私達の今つけた腕時計、懐中時計のだんだんの変遷から正に来るでした。今日、私達は1枚の特別な懐中時計を鑑別評定しに来て、それは懐中時計としてつけることができて、同じく1枚の置き時計としてことができます。私はこれでもったいをつけないで、それは1里のチャドのミュアー(RICHARDMILLE)のRM020から来ました。
この腕時計(いいえ、懐中時計)で、これは殻を説明して赤い金の材質を採用するのを抱いて、その他に炭素繊維とプラチナのモデルがまだいます。ただデザインが上がっていって見る、難しいと私達の印象中からのがもう1度風変わりで連ブランドスーパーコピー服絡に表していきます。それは更に1枚の未来からの時間の機械のようで、それと私達が以前のすべてのモデルを表すのはすべて異なっています。

まず、その異なり外観の設計に生まれます:1枚の長方形の懐中時計。表す殻を表すのは表す直接62×52ミリメートルで、線は同時に思って十分なのの、標識は盤面の設計の上でもブランドの一貫している風格を採用した、大きい時、ひっくり返って夜光の上塗り設計があります。その外、この懐中時計のまた(まだ)新しい工夫をこらす採用したナノの炭素繊維の機械板、これはまた材質の上で技術の上でそれ大胆な革新の体現ですと。