“世界の時に”を買って、ランゲを選びます

admin   06/28/2020   “世界の時に”を買って、ランゲを選びます はコメントを受け付けていません。

世界の時に概念の提出に関して、最初1876年に、1人のカナダ鉄道の技師はアイルランド駅まで(に)出張するため、しかし腕時計の時間と小鎮の時間はいつも行かないでに対して、そのため送迎バスを逃して、それからこちらの技師は1879年に“標準時区”のこの概念を出しました。ワシントンの開催する国際経度の会議の上に1884年に至って、やっと正式に世界各地の時間を統一的に区別するのを決定します。この日から、地球は東、西経の各12の標準時区すぐ24の標準時区に区分して、1時間2つの標準時区の時間の違いを隣り合います。

腕時計に帰ると言って、腕時計は前世紀30、40年代、世界時便はすでに国際上で出しました。しかる後、国内の珠江三角洲、長江デルタのなど地の経済が貢献するのに従って、我が国はここ数十年対外貿易は迅速に発展して規模を形成して、国民にとって、駆け回って両国の間の面談する交渉が社会の常態になった、この時、世界時に腕時計は国内の時計の市場の中で現れるのを始めます。