ポインター式のカレンダー

admin   06/29/2020   ポインター式のカレンダー はコメントを受け付けていません。

時計の文字盤の中心、時軸穴の下に順番に当たってまた1本のカレンダーのポインター、時計の文字盤のを設置して最も外側のコースが31日の目盛り、今の腕時計のカレンダーの形式これを印刷するこのようにする小さい秒針の時計のように、明らかに、の、腕時計の盤面で形式上に、は古くさい風が依然として、伝統の趣に盛んに行われるのが十分なように指示します。

ポインター式のカレンダー

ポインター式のカレンダーの構造図
今、カレンダーの指示の方法は窓口のが多数を占めるで、普通なカレンダーの窓口はすべて時計の文字盤の3時で位置を開いて、週経過して12時に位置のを始めます。その上、今のカレンダーの方法を跳んで、普通にすべて“一瞬跳ぶ”を採用して、このような方法の長所はかえてスピードを経過するきわめて速くてで、瞬間完成して、欠点がかえて経過するのだ時並べるのに対して振幅に順番に当たって比較的大きいのに影響します。
最近私は1匹のORIS腕時計に会って、ETA2836―2チップのです。しかし27ドリル、普通な2836のすべて25ドリル。細い分析、以前に小さい秒針のの上で下軸の目はつきあってまた2ドリルを加えて、27になってあけました。また1つの特徴があって、それはポインター式のカレンダーので、もとは一瞬カレンダーの構造を跳びとと関係があるすべての部品はすべて放置して使わないで、同じく変えてもうすぐ跳びを経過するのを跳びます。見ることができて、そのチップの中間のどの31の歯の日付印(画像に会う)、でも分析して、このようにしても確かによいところがあって、とても有効なのは跳んで過程で経過する、大きいてこと大きいスプリングがカムの圧縮に時腕時計の振幅の影響に対して免れます。31字のカレンダー皿の構造を使うより良くて、大いに伝動する負荷、抵抗力のとても小さい(基本的なのがただ日付印の位置を測定するスプリングの圧力だけだ)を減らすことができます。