クールハーフバックをまぶしく刺して宇の大きな船を鑑別評定してBigBang SangBleu刺青の腕時計を表

admin   06/30/2020   クールハーフバックをまぶしく刺して宇の大きな船を鑑別評定してBigBang SangBleu刺青の腕時計を表 はコメントを受け付けていません。

女が真珠や宝石をつけることが好きなように、腕時計は男にとって、最も基本的なのが時間の効果を見る以外、きっともっと多いのは機能を飾るで、だから腕時計のデザインも肝心な一環になった。一部の腕時計のなぜかというと独特なデザインは人に一目でしっかり覚えることができて、同時に多くの好感者を引きつけて、宇の大きな船が表してたぶんこのようなに属する人の1つのはなやかなタイプを譲ります。今日宇の大きな船がBigBangシリーズSangBleu刺青の王金密を表で腕時計を埋め込みするを例にして、みんなを連れておよそ宇を鑑賞する大きな船まで独特な“設計言語”を表します。

ここ数年宇の大きな船はその独特で大胆なのが設計が成功するで自分のブランドの風格を形作って、同時に、ブランドはよくいくつかが界にまたがって連名で協力するのを行って、成功とフェラーリと手を繋ぐだけではなくて、同時に世界の異なるタイプ、異なる領域の優秀な芸術家と協力します。2016年のロンドンファッション週間の時にで、宇の大きな船はSangBleu仕事部屋を表してと協力して、開いていくらの美学を腕時計設計の中の探求に溶け込みます。その年、双方の協力で製造する第1モデルのBigBang SangBleu刺青の腕時計のはなやかな登場。