復古して、優雅な“小さくて清新な”品鑑オリスが大きくて冠のポインター式のカレンダーの腕時計を表します

admin   07/05/2018   復古して、優雅な“小さくて清新な”品鑑オリスが大きくて冠のポインター式のカレンダーの腕時計を表します はコメントを受け付けていません。

鮮やかな色の元素、よく非常に不思議な魔力として、させるのは元来クラシック、伝統の腕時計が新しい活力を持つので、人の面目を一新する感覚に。オリス2018年にバーゼルの時計展の上で出す大きいのが冠のポインター式のカレンダーの腕時計便を表すのがこのように、再現して80年前のブランドのクラシックのデザインで誕生するだけではなくて、そして近代的な表を作成する技術と審美の需要を取り入れて、近代的な表を作成する革新の上のまた1つのシンボル的な作品でブランドになります。それ以外に、チェレステと青いのは取り入れて、更にこの本来は復古する腕時計をさせて、更に近代的な都市の中“小さくて清新だ”の風格を増やして、人の驚く感覚に。
1モデルの流行遅れでなかったオリスのクラシックとしてモデルを表して、大きく冠のポインター式のカレンダーの腕時計を表してまろやかで潤いがあってなめらかな線、クラシックの貨幣の紋様に頼って小屋を表す、一度目を通したら忘れない大型が冠を表す、簡潔な時計の文字盤設計、および独特なポインター式のカレンダーが表示するすばらしい設計、なってブランドの中でかなり備える度の時計の中の一つを知っているのを弁別します。これら、皆今年に新型の中はある程度体現しています。それ以外に、これらの元の風味そのままののすばらしい元素の基礎を保留する上に、更にいくつかの近代的な色を取り入れておよび元素を設計して、ブランドがもう1度未来の代表的作品に歴史、“指”を刻むのもです。シリーズの新作は選ぶ36mmと40mm2種類のサイズがあって、そしてそれぞれおよびと濃い灰色の青が選択を供えるチェレステがあります。