どうしてもあなたでなければならないがの好きなことがありません│あれらの最近腕時計を直すと言います

admin   07/06/2018   どうしてもあなたでなければならないがの好きなことがありません│あれらの最近腕時計を直すと言います はコメントを受け付けていません。

LauraLan藍思晴 《大きい寫の蘿菈》編集長
中国語は有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。
この世界が1つの偽善的な道理がありを発見します:誰(で)もたとえ好きですとしても、すべてやはり(それとも)批判する音は最もがやがや騒ぐ最も多い人は耳を傾けます;多少たとえ人は好きでないとしても、しかしいったん言い出したら、すべての人はまた一斉に立ち上って表現して気に入りません。

多くの人はすべて私に聞いて、どうして文章はいつも批判がなくて、一方は私は批判するのが基礎のため必ず更に全面的で客観的な評論でなければならないと思って、一方、私は全く実力があってと立場の直接設計の製品に面するのに行く人、私の如実に鑑賞しなかった点を言い出して、また公事にかこつけて私腹をこやす必要があるか文章の中ではへいと型のが独断してから。

でもも数年前回Zenith本当の力の時その時新総裁が初めてモデルを表して全面的にモデルを直した私があった時ため、私は新製品に対して出します:本当の力を向こうへ行く時最も精致でしかも重んじる顔立ちは失って、換えてくるのはひと山その他がモデルを表してもやり遂げる労働者法のことができるです。その時私ははっきり相手の楽しくないのに気づくことができて、表面の上でやはり(それとも)礼儀正しい礼儀、しかし私はそれから本当の話の自身が歓迎をうけられないのを知っています。