塵に触れます|島の結婚式は多くなったのに会って、しかし私はこのようなに参加したことがありません

admin   07/10/2018   塵に触れます|島の結婚式は多くなったのに会って、しかし私はこのようなに参加したことがありません はコメントを受け付けていません。

私は式典の思う人が好きなので、本当で、私がどんな事をする前にでも先に小さく1会に寝ます。

――葉先生
2018年7月8日

小さく更に満ちあふれている力がありために行って生活の中の小さい式典に配置するのに寝て、たとえば1本のろうそくをつけて、品物の1杯のあなたの大事にした赤ワイン、適切なのに着飾って行って1度のコンサートを聞いて、好きな人のために1部の誕生日のお祝いカードを書きます…

フランスの童話《小さい王子》の中で言って、式典が思うのはあるが1日その他の日とと違い、ある1の時間がその他といつも異なるです。

恐らく、生活するのは私達の大多数の人間記憶の中ですべて1地のニワトリの羽で、式典が思うのも軽視させられたその語です。実は式典は思って物質の豊かなの上で決して体現していなくて、それの背後の精神の内包を定めるのです。

6月、私は1度のただ1つの結婚式に参加して、私のこの生涯の参加したことがあったのが最も式典の思う1度がいるだます。

服装の賓客はなんと服装を統一して求めるもありますか?!

新婦は私の親しい友人で、出発する前に何度もは小さい手紙上詳しく私に向ってで全体の結婚式の流れを紹介して、そして最も親密に服装を提供して提案して、ぜひ守らなければならないとくれぐれも言い聞かせます。