“小さい3針”の魅力品鑑IWC万国は文西の自動腕時計の“150周年”の特別な版を表現します

admin   08/08/2018   “小さい3針”の魅力品鑑IWC万国は文西の自動腕時計の“150周年”の特別な版を表現します はコメントを受け付けていません。

2017年から、IWCIWCは全く新しい達文西のシリーズの腕時計を出して、改めて前世紀80年代のクラシックの円形設計の風格を解釈します。、今年、万国の創立150周年時達文西の自動腕時計の“150周年”の特別な版の腕時計に、は2モデルの異なる機能の腕時計は共に、異なる材質と時計の文字盤の色を搭載するように出しました。
“150周年”の特別な版の腕時計はすべて漆面の時計の文字盤を採用して、白色あるいはダークブルー、とてもきれいです。腕時計の家もその中の1本の“小さい秒針”の腕時計(型番:IW358101)をもらって、私達はいっしょにこの特別な版の腕時計を見てみて違うところがなにかありに来ます。
改めて達文西のシンボル的な円形設計を演繹してそしてそれにもっと多い現代を色を与えるのを通って、すばらしい両フレームに続いて小屋、円形を表して冠と押しボタンの元素などを表してそして簡略化を行って、たとえば小屋を表して更に狭くて更に平らになってこのごろの審美眼に合う譲ります。この“小さい秒針”の腕時計は40ミリメートルの精密な鋼を採用して殻を表して、白色の漆面の時計の文字盤、初めて万国の82200型の自分で作るチップを搭載します。
Santoniワニの皮バンド、仕事、筋模様、から染色するのは更には快適なことをつける適度にすべて疑いをはさむ必要がない楽しみです。この腕時計は黒ワニの皮バンドのため資格があります、腕時計のバンドの裏でジャンプするダイダイ色を採用して、磨き上げる精密な鋼を売り払うを通じて(通って)折り畳んでボタンを表しによく合います。