独創性がある腕時計はあなたの見たことがない3モデルの古代インドのグラムの上品な宝を設計しておすすめを表します

admin   08/10/2018   独創性がある腕時計はあなたの見たことがない3モデルの古代インドのグラムの上品な宝を設計しておすすめを表します はコメントを受け付けていません。

古代インドのグラムの上品な宝にとって、そして時間は時間だけではありませんで、分あるいは、秒間は計算しに来ます。独特だでだ、詩情の方法が人々を導いて毎日そのために四季を過ごす、星座の変化を鑑賞する、そして目撃証言して人生の中で思い出す時間が忘れ難くて、腕時計設計上で、これらの新しい工夫をこらした細部は作って非常に人の心を近づけて、今日、腕時計の家はあなたのために3モデルの詩情の手首を紹介します
表します。
この腕時計は古代インドのグラムの上品な宝の2018ジュネーブの時計展の上で展示する貴重品が行うので、円形の砂金石の時計の文字盤のテープ装てんは目が覚める、緑色エナメル金星、トルコ石の地球とダイヤモンドの月バラの金の太陽、ロジウムメッキの金の流星、ピンクの真珠の雌の貝があって、宇宙間それぞれの天体の運行のイベントを真実なのは腕時計中で現れて、18Kプラチナの材質の表す殻によく合って、店を閉じ込めて一サークルの米を埋め込みしてあけるのを表して、冠所を表して1粒のダイヤモンドを象眼して、細部の場所でもっと精致で、その時計の底設計はもっとはなやかで、白いK金と黒色PVD上塗りの平衡がとれている振り子陀、白いK金の月は雪片で技術を象眼してダイヤモンドを象眼して、トルコ石の地球によく合って、宝石の標示を飾って天体に関連しています。この腕時計はValfleurierQ020、動力備蓄物ために40時間のため人の無限な生命力と活力、チップの型番にあげます。
これは同様にジュネーブの時計が展の過ぎる作品を展示するので、この腕時計は12星座をテーマにして、12モデルの異なる星座の時計のモデルを全部で、円形は青のエナメルの時計の文字盤をまぶしく刺して白いK金によく合ってワシ、エナメルの図案、透明な青いエナメルの丸い玉などを彫刻して、この腕時計の独特な設計は発光する丸い玉にあって、つける者の体動作が押しを動かして持ち上げる時、時計の文字盤のエナメルの丸い玉を通して明かりが現れて、明かりは3秒続けることができて、ダークブルーの時計の文字盤が明るくなり始める時に、時計の文字盤の中で星座はまるで星空の下で明滅して、立派なものが多くて見きれません。