敬意を表してすばらしくて永久不変で優雅だジャークの独ルーマニアの大きい秒針の“TRIBUTE”の腕時計を鑑別評定します

admin   08/10/2018   敬意を表してすばらしくて永久不変で優雅だジャークの独ルーマニアの大きい秒針の“TRIBUTE”の腕時計を鑑別評定します はコメントを受け付けていません。

ジャークの独ルーマニアの大きい秒針のシリーズは2002年に誕生して、今のところはすでにブランドの手本のが行うのでした。今年ちょうどブランドの創立280周年の時に、ジャークの独ルーマニアは敬意を表してクラシックまたイタリアを革新して、“8”の字形設計を受け継いで、初めて独創性がある大きい秒針(GrandeSeconde)の黄金にモデルを表すように出して、だからこの重要な歴史の時間を紀念しに来ます。この腕時計はミニマリズムの風格を採用して、大胆に自由にふるまう表を作成する気迫とハーフバックの美学の理念に解け合って、新しい傑作を再生します。次に私達はいっしょにこの大きい秒針の“TRIBUTE”の腕時計を鑑賞しに来ます。
大きい秒針の腕時計の設計の霊感はピエール・ジャークの独ルーマニアの製作の1モデルの懐中時計に生まれて、その明らかに示したきわめて簡単なハーフバック設計の風格はすでに不朽なクラシックになりました。この腕時計の中で、最もよく見通しがついたのは時計の文字盤の上で2つのインナディスクの構成する数字の“8”に勝るものはありません。大きい時計の文字盤の上で、頃にインナディスクが12時に6時に位置、秒針のインナディスク設置位置を設けるのを表示します。2つのインナディスクは抱き合って、アラビア数字の“8”を構成しました。“8”と尽きることがない号の“∞”は育って非常に接近して、そのため数字の“8”も与えられたのが尽きることがなくて、延々と続きます永久不変のすばらしい寓意。この設計、ブランドの主要な魔力になってありました。
手首は殻を説明して18K黄金の材質から製造してなって、光沢加工を通って磨き上げた後に、美しい光沢を現します。
腕時計の時計の文字盤はジャークの独ルーマニアの五大傑出している技巧の中の大きい見える火のエナメルの技術でなります。大きい見える火(GrandFeu)のエナメルの技術は粉末の太さ、円熟の域などについて非常に重んじます。エナメルの顔立ちは重層を通って工程をベーキングでなければならなくて、毎回高温が上薬を塗るのが皆リスクが次々と重なるです。完成にベーキングになったのを待った後に、エナメルの彩色上絵師は表面上手製で時間単位の計算の目盛りとを制作する時表示して、また時計の文字盤を送ってあぶり焼きます。最後の作品は発表されて、エナメルの光沢は剰余の世紀の長期を守ることができます。肌が白くきれいな独特のおもしろみがあるエナメルの時計の文字盤の上で、2つのインナディスクは1つの数字の“8”を構成しました。そしてアラビア数字の目盛りとローマ数字の目盛りは交替で使って、2の時計の文字盤に読ませる時はっきりしていて明瞭です。時計の文字盤の左上で、ブランドは特に赤色のエナメルを使って、表示してモデルを表す制限する通し番号を付けました。