「持手綱七年、経典の再現」の第7回ロンジン北京国際馬術マスターズ記者会見

admin   09/13/2017   「持手綱七年、経典の再現」の第7回ロンジン北京国際馬術マスターズ記者会見 はコメントを受け付けていません。

2017年きゅう、く月じゅうに日、第7回ロンジン北京国際馬術のマスターズはロンジン世界馬術学院(多美国際馬術センター)で記者会見。これは今回のマスターズ第七回鳴り響い競技集結日召集、国内外のトップの170人馬グループに再戦を鳥の巢、競技場。ロンジンは引き続き務める今回盛大な大会の命名者や公式クロノグラフ、とダイヤモンドパートナーや公式車ブランドBMW、共同証人この最も規模と影響力の一つの馬術試合会場障害期限日の激しい試合さん。
この経典の試合、中国馬術協会、国家体育場(鳥の巢)が主催し、手を携えて、複数の美馬術の世界のトップ馬術大会「アーヘン馬術大会運営チームの世界」と「ドイツ馬術の父」魯德格・比尔鲍姆(Ludger Beerbaum)を作成するために一緒には、国際試合马联3ツ星。第7回ロンジン北京国際馬術のマスターズは国家体育場(鳥の巢)、じゅう月じゅうさん日からじゅうご日開催。
発表会の現場
公式マスコット「星仔」に登場する今回の発表会で、同このトップの試合のように、この馬は七歳の「馬」と入った最も富んでいる激情とダイナミックな年齢の。その記念すべきことを、衆議とともに一緒に見て。
今回、国家体育総局自転車フェンシング管理センター近代五種と馬術の訓練基地副主任张凯さん、ロンジン中国副総裁李力さん、BMWグループ大中華圏総裁兼CEOの官康思远さん(Olaf Kastner)、ロンジン世界馬術学院の院長魯德格・比尔鲍姆さん(Ludger Beerbaum)、中国騎手代表天津は全運会の馬術「四金王」梁锐基さん、多美馬術の執行副社長のマイケル・莫隆兹さん(Michale Mronz)、馬術協会会長姚革さんや美馬術総裁李晶さんは列席次発表会。
に、多美馬術総裁李晶さんの誘いで、一緒には過去ゲストと衆六年が封じた場所砂中央砂時計の中に入れ。流砂のタイミングで、第七年の大会のカウントダウンがスタートしました。馬術界を象徴する専門の人士の数年来の努力と積み重ねて、更に寓意愛馬者は戦場の土地の熱愛。第七回の鳥の巢に対する期待、正常な開会式には、それを、そして、それは、第7回の鳥の希望にもなる。