珍宝は数に堪えないで、皇帝はなんと“彼”を最も愛します

admin   09/30/2018   珍宝は数に堪えないで、皇帝はなんと“彼”を最も愛します はコメントを受け付けていません。

月丸い夜、雲の薄い風が軽くて、真っ白い傷がない月光の下で、何台の馬車は四方に散らばって行って、1群のコウモリは梢をさっと過ぎます……

オオカミ人の映画を撮影しますか?もちろんではなくて、1765年にイングランドバーミンガムにあるので、その夜「月光社」の成員達は集まりを終えて月光に乗っていて、コウモリのが下へ伴うにそれぞれに家に帰ります。
この人たちは各種がを成し遂げるため普通な人の認定した“福がある”の人になって、医者兼詩人のダーウィン(進化論の提出者ダーウィン、彼はすべての人類の知識の認知を変えて、近代的で科学的な創立者)、イギリスの陶磁器の父のウェッジウッド、蒸気機関の発明者のワットになって、彼らは産業革命を点火したのだと思われて、イギリスをその時の世界の最も富強な国家の主人公にならせます。

その時のシーンあの「福が日から下がる」の画面。

東方でまだ特にまだ中国、比較的幸福と金銭が寿財を喜ぶ、福が最も形だ上のまだ深くまだ西方、まだ内包まだとても浅いのなのの、またたとえばなのにも関わらず:福音、福徳、幸せ、福田……これらはすべて福の字が先頭に立ったので、私達の《幸福と金銭のヒップホップ》さえ、福も第1位で並ぶで、これより分かるのは“福”は絶対に中国人の求める究極の願望です。