SIHH展で一番期待できる入門シートはここです

admin   09/27/2019   SIHH展で一番期待できる入門シートはここです はコメントを受け付けていません。

今年の1月のジュネーヴ時計展はもう終わりました。この時計の盛宴は時計仲間たちの癖になっていますか?今年新しく出たモデルは多くの見所を持ってきました。リチャードミルの爆発的な乙女心、積家球形の陀飛輪の万年暦の腕時計、そして万国の自産のムーブメントはみんなが興味を持っています。しかし、今年は他のものを友達と相談して、今年の新しい時計をしごいて、今年新しく出たエントリーシートの種類を共有したいです。
今年の彼の新しいシリーズCODE 11.59シリーズが発売された時、男女問わず人気のあるモデルとなりました。ケースの直径は41ミリで、全体の形もこれまでおなじみの八角のドーナツの形ではなく、円形の形をしています。しかし、細かいところをよく見ると、簡単な丸型ではなく、丸印に八角形のケースを合わせるというデザインが珍しく、話題を呼んでしまうこともあります。このシリーズは彼の発展過程以来のシリーズの中で最も広い範囲をカバーしています。その中の大三針は4302の自産芯を搭載しています。入門コースですが、この新シリーズの大三針は公価20万円近くです。