2018ロンジンは北京国際馬術の大家を表してオールスターズを競って優雅で応援します

admin   10/15/2018   2018ロンジンは北京国際馬術の大家を表してオールスターズを競って優雅で応援します はコメントを受け付けていません。

2018年10月12日~14日、注目するロンジンを受けて再度北京の鳥の巣の盛大な開会で国際馬術の大家試合を表します。秋風がのどかで、英姿さっそうとしていて、選手達は私達のためにすばらしい振る舞いを捧げて、同時にロンジンは更に晏先生と大衆のスターで手を携えるブランドのイメージ大使の彭を表して、私達のために馬術の教室を開きました。
ロンジンは馬術の大家試合を表します

ロンジンは表して今年に初中国で催した国際馬術連盟の4つ星ランクの試合(CSI4*)に栄転して、この試合はどんなに美しい馬術いっしょに“ドイツの馬術の父”の魯徳格・ビルと鮑と姆先生と世界のすこぶるマイナスの高い名声の“アーヘン世界の馬術大会CHIO―AACHEN”の運営チームA.からR.T.会社の共に製造するアジアの規模の最大の国際馬術の盛大な事の中の一つ、そのため受けて注目します。2011年にあってから、ロンジンが北京国際馬術大会を表して“鳥の巣”が試合を始めていて始まって、中国の馬術は会に力を合わせて国家体育場とずっとこの試合を力強く支持します。
ロンジンは北京国際馬術の大家試合を表して3日を期間として、全世界の競技場の成績が優れている国際優秀な騎手から来て国内の優秀な騎手と全部で251組の要員の組合せいて激烈なことを行ってたたかいます。

10月14日、ロンジンは北京国際馬術の大家試合を表して決勝戦の一環に入って、現場の雰囲気は非常に熱烈です。激烈なのがプレーを付け加える中で、両は木の障害が騎手達の最大の挑戦になったのを横たえて、最後の騎手の王楨同は39.96秒の成績で馬の“ConAir”が好きで、多い米の挑戦試合の決勝戦のチャンピオンを獲得しました。125cm団体のチャンピオンの決勝戦の中で、3人の騎手の阿木が古くてぽかんとする、バングラデシュと徳力根と宝の音が格図の発揮をかぶせるのがすばらしくて、最後に161.50秒の0減点の成績で冠を勝ち取ります。