世界の初めが賢くて、1モデルの機械的知能の世界の標準時区の腕時計からつながります

admin   10/19/2018   世界の初めが賢くて、1モデルの機械的知能の世界の標準時区の腕時計からつながります はコメントを受け付けていません。

LauraLan藍思晴 《大きい寫の蘿菈》編集長の中国語は有名な時計の真珠や宝石の論説家を閉じ込めて、もっぱら精密な機械の時計は鑑賞して、真珠や宝石、生活、文化と芸術などの各領域に対して全て非常に優れている見解をも持っています。《引いて力の仕事部屋を考える》が専門の文書の立案、顧問、に従事して仕事を講習するのを創設します。
もしも地球を発見していないで円ので、そんなに近代的な天文学、経緯の地理学はすべて存在しないでしょう、もしも世界の標準時区の分野を制定していないで、世界はまたどんな形に発展するをですか?

―世界の標準時区はどうして始まったのですか?―

時間はすべての人の持つ24時間だけではなくて、世界が航海、鉄道で接続に起きる時のため、私達のすべての人、すべての国家の相互時間はすべてよく関係があって、標準化が起きたのがも必要でした。でも人々に世界が標準時区と標準時の問題が必要なのに気づくように引き起こして、最初鉄道で需要の上でシステムの使いが現れるのです。その時米国は道が四方八方に通じている鉄道網を作り上げて、各地の自立する時間を発見して、鉄道輸送の手っ取り早いネットワークが形成する後で、その中の各地は地のため異なる時間差は極めて大きい問題が発生して、交通が乱れていて言わないでまた(まだ)各種の事故を引き起こして、そのため標準的な時間の概念を設けたのを始めます。1876年、カナダ太平洋鉄道会社のシニアエンジニアのサンドフォード・フレミングは全世界時間の体系を創立する主張を出しました:全世界を24の標準時区に分けて、AからZ(削除JとV)まで(に)順次ソーティングして、Z標準時区はグリニッジ時(グリニッジがイギリス天文台の所在地のため)をそのまま用いて、だから、パイロット達が時にはグリニッジ標準時間(つまりUTC協定世界時)を祖の山東(Zulu)のと呼ぶ時。