ショパンが手を携えて甄子丹などアジア初する「L.U.C――工房の芸術」を展示

admin   11/16/2017   ショパンが手を携えて甄子丹などアジア初する「L.U.C――工房の芸術」を展示 はコメントを受け付けていません。

2017年じゅういち月じゅうご日からじゅうろく日、高級時計ブランドスイスChopardショパンがアジアで初めて開いてそのを2日間の「L.U.C――工房の芸術」を展示。今回は、ブランドと有名なアクションスターと映画監督甄子丹共同みんなに見せてましたL.U.Cシリーズの過去数年間で用意するの表のまた、この機会に日本ネイバの極緻のタブ工芸に敬意を表する。今回の展示品はショパン1段Chopard高級タブ創造の源泉の旅も喜んで、同時に優れた品質の生活を楽しむ令人中から非凡を味わって美しい個性や現代紳士精神。

活動場所は、北京市東城区の皇城の文化芸術空間で行われ天趣。この地方は明清の皇室の庭園にある基礎に築いた有名な招待会館、古香古風で質樸な中国式の建築の外観が1部の伝統の風格、味わい深い。今回は、「L.U.C――工房の芸術」展入居中、そして初となるアジア地域にChopardショパンのこれまでのL.U.Cシリーズ腕時計の歴史を振り返りやさと会館のテーマに重なる。

歴史を振り返るのあまり、今回展示も同時に展示ブランドの伝統的な技術と現代化の設計、タブ芸、訪問者をChopardショパンが長くは至極工芸の怠らなく求めるも、一度は印象の深い時間の旅。